ホーム > ビジネスのご案内 > 非常用自家発電設備

非常用自家発電設備

いざという時、スプリンクラー・屋内消火栓・排煙機などの防災設備が使えない、という事にならないよう、防災設備専用の非常電源を設置します。

施工場所

工場 学校 病院 公共施設

工事の概要

非常用予備発電装置は、台風、水害、地震、火事などによる電力会社からの商用電源停電に対して電気を必要とする箇所に引き続き電力を供給することを目的として設置してあります。こうした不意の停電に対して装置の機能を確実に発揮するために電気設備工事を行っている。

1非常用発電機

電気設備が常に正常稼働するためには、品質のよい電源供給が不可欠です。
日本国内の電力事情は非常に良好で、停電することは殆どなく、雷撃や地震など、自然現象による停電の場合でも、長期に渡る停電が発生することは殆どありません。

しかし火災などが発生し、電力会社からの電源供給が途絶えた場合、設置している防災設備が動作できないことが考えられます。
一定規模の建築物には、火災を消火したり、人が煙に巻き込まれないように、スプリンクラー・屋内消火栓・排煙機などの防災設備が設置されます。
これら防災設備は「火災で停電になったので使えない」という事にならないよう、防災設備専用の非常電源が必要となります。

2非常用自家発電設備

(株)三早電設では、非常用自家発電装置の設置工事も承ります。
非常用自家発電装置の製造メーカーは、デンヨー(株)などです。

デンヨー(株)の非常用自家発電装置は、優れた機能と安全性を実現します。

  • ・豊富な機種:最小3kVAから最大875kVAまで標準化された、豊富な機種が揃っており、目的・用途に応じて最適な機種を御用意致しております。
  • ・手頃な価格:標準生産によるコストダウンを図っています。イニシャルコストを削減することができます。
  • ・取扱いが簡単:集中制御方式のため、取り扱い操作が簡単です。また保守点検がしやすく、万一の故障の際も作業が容易にできます。
  • ・短い納期:全て標準装備にて、オプションおよび改造においても短納期にて、お届けできます。
  • ・安心した性能:ブラシレス励磁式発電機の採用により、負荷の変動に対して電圧の回復が早く、比較的大きな誘導電動機の直入始動にも安心して使用できます。
  • ・据付も簡単:キュービクル型は専用の発電機室を設ける必要が無く、建物の片隅や屋上などに簡単に設置できます。

との事です。

非常用自家発電装置設置工事のさい、キュービクル改修工事や配線工事が必要となります。

価格等、素朴な疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

メリット

  • ・電気工事土木の基礎工事は自社でプランニングから施工まで出来ます。
  • ・多数の設置工事を行っているのでメーカーからの信頼が厚い。

施工事例写真

千葉県館山市 自家発電設置工事